よくあるご質問/お問い合わせ

よくあるご質問
お問い合わせ

エントリーや審査に関して多く寄せられるご質問をまとめています。
お問い合わせの前に一度ご確認ください。

選曲について

Q.ミュージカルの曲を選択しなければならないのですか?

A.「英語の歌詞」「入退場を含め3分以内」の条件が満たされていれば、楽曲のジャンルは問いません。どのような曲を選曲するかもアピールポイントとなりますので、実力と魅力の発揮される曲をお選びください。

Q.原曲は日本語ですが、英語の歌詞にアレンジされた曲は使用できますか?

A.CDやWEBでダウンロードなどができる、公式販売楽曲であれば使用できます。

Q.原曲には英語以外の歌詞が含まれていますが、YouTube等ネット上に一般の方が全て英語に編曲したものがありました。そちらは使用できますか?

A.CDもしくはWEBでダウンロード等ができる、公式販売楽曲であれば使用できます。

Q.英語の歌詞の中で一部、スペイン語やフランス語が入っている場合、その部分を英語にして歌っても良いですか?
A.できません。
Q.YTJの過去課題曲やYTJが作曲・作詞しているオリジナルソング(wordplay・WORLD MUSICなど)は使用できますか?
A.使用できません。
Q.使いたい曲の分数調整のために編曲した音源は使用できますか?

A.使用可能です。

Q.自分で作詞作曲をしたオリジナル曲で参加することは可能ですか?

A.英語の歌詞であれば、オリジナル曲でも参加することができます。ただし、コンクール後にYouth Theatre Japanと各スポンサー企業が優秀作品の発表や広報のために、応募された作品を利用(ホームページ等への掲載、上映など)すること、及びコンクールの記録のために複製することについては、主催者に許諾することを確認したうえで、ご参加ください。

Q.複数人で歌っている曲を、ソロの部で選曲しても良いですか?

A.使用可能です。

Q.音楽著作権の検索は必要ですか?

A.本年は、不要です。

Q.歌詞チェックがないため、歌詞にNGワードが入っていた場合、やり直しはできないのでしょうか?

A.期間内であれば、楽曲の変更は可能です。最終的に、演奏した楽曲が審査対象になります。

エントリー/動画審査について

Q.動画審査で歌うのは、1コーラスでもよいですか?

A.規定分数以内で構成し、1曲を歌った動画をエントリーフォームよりお送りください。

Q.動画審査は衣装を着ていた方が良いですか?

A.衣装が審査に大きく影響することはない為、衣装着用の有無は問いません。

Q.応募する動画には、どの程度のクオリティが求められますか?

A.動画審査が可能な程度の画質・音質であれば、録画技術のクオリティは審査に影響しません。

Q.楽譜の提出は必要ですか?

A.楽譜の提出の必要はありません。ただし、動画審査通過者には、インスト音源・歌詞カードの提出が求められますので、あらかじめご用意いただきますようお願いします。

Q.芸能プロダクションに所属し、プロとして芸能活動を行っていますが、参加資格はありますか?

A.プロ・アマの別は問いませんので、ご参加いただけますが、必ず所属プロダクションの許可を取った上でご参加ください。

Q.EVE vol.Ⅵはデュエットの部はないのですか?

A.EVE vol.Ⅵではデュエットの部はありません。

Q.エントリー内容の修正はできますか?

A.エントリーのあった方から順次 動画審査を行いますので、エントリー後の内容修正はできません。

Q.複数回のエントリーはできますか?

A.エントリーは一人につき1回のみ有効です。複数回エントリーされた場合は、1回目のエントリー内容で審査を行います。

実技審査/ホール審査/全国審査について

Q.審査当日のスケジュールはどうなっていますか?

A.審査当日にスタッフから口頭でお伝えします。

Q.ホール審査のチケットを購入したいが、ブロックがわかりません。

A.11月24日(水)にご案内予定です。ご案内をお待ちください。

Q.実技審査では、衣装は必要ですか?

A.実技審査では、曲のイメージ等もつきやすいので可能な限り用意してください。

Q.審査日に用事があり、参加できません。別日に調整することはできますか?

A.できません。予め審査日程をご確認いただき、ご調整をお願いします。尚、参加ができない場合は棄権とさせていただきます。

Q.公演が中止、または延期になる場合はありますか?

A.現在時点では、ご案内の内容での公演を予定しております。
緊急事態宣言等が発令された場合は、指針に従い、公演の中止や延期等含め日時の変更が生じる可能性があります。
その場合はメールや公式サイトなど、確実な連絡手段にて出場者の皆様へ速やかにご連絡いたします。

Q.本年度は、デュエットの部はありませんか?

A.本年度はありません。

Q.全国審査に進めるのは、何組ですか?

A.各部門、1位を受賞した出場者が全国審査へ進出します。
※1位の場合でも、全国審査出場点数に達していない場合は進出できません。

Q.審査の際の伴奏について教えてください。

A.各自でご用意いただくインスト音源(歌声の入っていないカラオケ音源)を使用します。動画審査通過者には、インスト音源・歌詞カードの提出が求められますので、あらかじめご用意ください。提出詳細については追ってご案内します。なお、ご提出いただいた音源の音質や録音状態によっては事務局から使用する音源について確認/相談をさせていただく場合があります。

Q.控室・リハーサルに保護者が同伴することは可能ですか?

A.できません。何らかのご事情がある場合は事前に事務局へご相談ください。

Q.審査の観覧はできますか?

A.実技審査は非公開のため観覧できませんが、以降の各審査にて観覧いただけるよう調整をしております。ライブチケット(劇場での観覧)と、オンラインチケット(動画配信サービス)の2種を予定しています。チケット販売に関する詳細は後日、本サイトにてお知らせします。

インスト音源について

Q.インスト音源に、コーラスが入っていてもよいですか?

A.使用不可です。声が入っていないインスト音源をお探しください。

Q.曲の編集ができません。事務局でやってもらえませんか?

A.事務局での編集は受け付けていません。ご自身でご用意ください。
現在、スマートフォン等でも編集できるアプリケーションなどが増えています。そちらをご利用ください。

Q. CDの作成方法を教えてください。

A.※PCのiTunesアプリケーションを使用して作成する方法です。
<準備するもの>
からのCD-R、またはCD-RW 音楽用・インスト音源データ(MP3 形式)
<手順>
①PCのiTunesアプリケーションを開く
※お持ちのPCにiTunesが入っていない場合は、あらかじめインストールください。

②CD-RをPCに挿入する
サブウィンドウが表示されたら【OK】をクリックしてください。

③プレイリストからディスクを作成する
iTunes上部の画面切り替えボタンから【プレイリスト】を選択。
そして、左のメニューからCDに書き込みたいプレイリストをクリックし、【プレイリストからディスクを作成】を選択します。

④オーディオCDを選択し、ディスクの作成を開始
《ディスク作成設定》のサブウィンドウが表示されます。
ディスクフォーマットの【オーディオCD(※MP3CD(M)にしないよう要注意)】にチェックが入っていることを確認し、【ディスクを作成】をクリックしてください。

⑤書き込みが始まる
データの書き込みが開始されます。作成が完了するまで数分程度かかります。

⑥完了
書き込みの完了を知らせる通知音がなり、作成したCDの曲リストが画面一面に表示されたら、CDの作成は完了です。

パフォーマンスについて

Q.衣装についての決まりはありますか?

A.特にありません。ご自身のパフォーマンスに応じた衣装をご用意ください。ただし歌唱によるパフォーマンスを重視した審査になりますので、衣装が評価を大きく左右することはありません。

Q.ベルティング発声ではなくクラシカルな発声で歌った場合、不利になりますか?

A.不利になることはありません。みなさんの魅力が最大に生かされる歌声をお聞かせください。(*ベルディング発声:高音域を胸声を用いて歌う発声法で、主にミュージカルやポップスで用いられる)

Q.小道具の使用は可能ですか?

A.小道具の使用はできません。持ち込みも不可とします。

お問い合わせ

お問い合わせはメールにてお受けします。
下記メールアドレスまでお問い合わせください。
お問い合わせ日から5日以内に担当者よりご返信いたします。

E-Mail:eve.hq@ytj.gr.jp

※Youth Theatre Japan(YTJ)メンバーで、メンバー専用サイト「マイページ」よりお問い合わせいただいた場合はご返信が遅れる可能性があります。上記アドレスへお問い合わせください。