『English Vocal Election』Vol.Vについて

『English Vocal Election(通称EVE)』とは、“英語”で”歌う”朝日小学生・中高生新聞後援、Youth Theatre Japan主催の歌唱コンクールです。

多くの国で使われる英語は、近年日本において小学校でも必修となるなど、英語教育の必要性やその取り組みが注目されています。

こうした中でEVEは、英語を用いて自分自身のオリジナリティーを活かした自己表現を行う場(プラットフォーム)として、若者の活動の場を提供することを目的としています。

若者たち・子どもたちがお互いのパフォーマンスを讃え合いながら、英語の歌を歌うことを通して英語や世界への興味・関心を高め、世界に羽ばたける人材を輩出していく、これがEVEの願いです。

ホール審査・全国審査では、有識者・専門家による厳正な審査及び一般視聴者の投票(Election)により、自分の魅力を世界に向けて発信できる優れた若者『Representative』を選出します。

『Representative』に選ばれたアーティストには、プロモーション映像・新聞記事への掲載・大舞台でのパフォーマンスなど大々的なプロモーションが行われることになります。

『English Vocal Election vol.Ⅴ』審査員

審査基準について

以下の審査基準に基づいて審査を行います。

音程

ピッチの正確性・ハーモニーが、高いレベルで再現・維持できているか。

声量

ホールでの鑑賞に堪えうる声量があり、ダイナミクス・アーティキュレーションが適切に付けられているか。

声質

自身に備わった音色の個性が、引き出せているか。

選曲

自身のパーソナリティに合わせた、独創的な選曲になっているか。

表現

楽曲の本質・特徴を尊重しながら、自身のアイディアや工夫を取り入れたパフォーマンスが完成されているか。

発音

英語の発音が明瞭で、語彙の正確なニュアンスを伝えられているか。

審査フロー

  • 2020年11月Step1.動画審査

    実技審査への出場者を選出するために行われる動画審査。有識者・専門家を含む事務局内選考担当チームが、提出された動画・エントリー情報を元に精査・審査します。

    日程:2020年11月2日(月)~11月22日(日)
    結果通知:2020年11月25日(水)

  • 2020年11月Step2.実技審査

    動画審査を通過したパフォーマンスが、劇場での鑑賞に堪えうるか否かの審査基準に基づいて実技を審査。主催団体である Youth Theatre Japan( YTJ)の全国各地のスタジオで行います。

    日程:2020年11月28日(土) または 11月29日(日)
    結果通知:2020年12月2日(水)

  • 2020年12月Step3.ホール審査予選

    全国各地の劇場で実施されるホール審査予選において、ホール審査本選へ出演する演目を決定します。

    【関東】

    日程:2020年12月12日(土) または 12月13日(日)
    会場:横浜YTJホール または ニッショーホール(旧ヤクルトホール)
    結果発表2020年12月16日(水)

    【関西】

    日程:2020年12月12日(土) または 12月13日(日)
    会場:エル・シアター
    結果発表:2020年12月16日(水)

    【中部】

    日程2020年12月20日(日)
    会場:吹上ホール メインホール
    結果発表:当日、予選終了後

  • 2020年12月Step4.ホール審査本選

    全国各地の劇場において実施されたホール審査を通過したパフォーマンスから、各エリア・各部門を代表する演目を決定。全国審査の開催エリアにおいては、ご当地枠として通過数が他のエリアと異なる場合もあります。

    【関東】

    日程:2020年12月20日(日)
    会場:横浜YTJホール
    結果発表:2020年12月24日(木)

    【関西】

    日程:2020年12月20日(日)
    会場:エル・シアター
    結果発表:2020年12月24日(木)

    【中部】

    日程:2020年12月20日(日)
    会場:吹上ホール メインホール
    結果発表:2020年12月24日(木)

  • 2021年1月Step5.全国審査

    各エリアの代表演目が一堂に会したパフォーマンスを、特別審査員の評価と動画視聴による一般視聴者のWEB投票によって順位を決定。最も評価の高い人物/グループ代表者に、グランプリである「Representative」の称号が付与されます。

    日程:2021年1月11日(月・祝)
    会場:銀座ブロッサム ホール
    結果発表:当日、全演目終了後

社会情勢により、開催場所は状況に応じて変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

エントリー要項

小学2年生から28歳まで、ソロ(1名)の部のみエントリー可能です。

※グループ(2名~50名)の部は主催のユースシアタージャパンで活動しているメンバーより選出されます。

英語の歌詞で書かれている楽曲であれば、クラシック・ミュージカル・ポップス・ジャズなどのジャンルは問わずに、自由に選んだ楽曲(入退場含め3分以内/すべての審査は同一曲)でエントリーできます。アレンジも自由ですので、英語の歌に自信がある方やパフォーマンスを披露したい方は、奮ってエントリーしてください。

グランプリ「Representative(代表者)」について

有識者や専門家の厳正な評価だけでなく、一般の視聴者のWEB投票により、グランプリである「Representative(代表者)」を選出。
「Representative」に選出された方には、プロモーション映像を制作して本サイトなどに掲載されるほか、WEBメディア・新聞記事などへの掲載や大舞台でのパフォーマンス機会など、次回の開催時まで以下のような大々的なプロモーション活動が行われます。

プロモーション映像

プロモーション映像

映像ディレクターやデザイナーなど、新進気鋭のクリエイターたちとのコラボレーションにより、プロモーション映像を制作。 本サイトや動画サイトなどにその映像を掲載して、「Representative」のPRをしていきます。

メディア掲載

メディア掲載

これまでの経歴や人間性、将来のビジョンなどに関する、「Representative」のインタビューを実施。 月間200万PVに達するWEBメディアや新聞社・通信社の記事として掲載されます。

大舞台パフォーマンス​

大舞台パフォーマンス​

1万名を超えるエントリーが想定される次回の『English Vocal Election』において、スペシャルパフォーマンスを上演。 また、梅田芸術劇場*などの日本を代表する劇場で、パフォーマンスの機会を提供します。 *過去の実施劇場となります。都度劇場は変更になります。

各賞について

ソロの部・グループの部ごとに以下のような賞が設けられています。

ソロの部

部門別 最優秀賞/ Creative Partners 賞

グループの部

部門別 最優秀賞/賞

WEB 投票

『English Vocal Election ~全国英語歌唱コンクール~』において、最終の全国審査に出場したソロ・グループへ投票するページです。WEB投票の期間中であれば、投票に参加することもできます。ぜひ、あなたの1票で、グランプリである「Representative」を選んでください。

実施レポート

『English Vocal Election ~全国英語歌唱コンクール~』のグランプリである「Representative」や、全国審査の映像をご覧いただけます。

Youth Theatre Japan とは

YTJは、魅力的な若者達が多数集まって社会的に有意義な活動を実施する団体です。
YTJは、この活動を通じて、海外に発信できる「多数のコンテンツ・パフォーマンス」や「公演」を制作すること、国際交流を推進し、社会に貢献することを目指しています。

よくあるご質問

エントリーされる前に、注意事項/よくあるご質問を必ずお読みください。