WHAT’S EVE|ユースシアタージャパン特設ページ

WHAT’S EVE|ユースシアタージャパン特設ページ

WHAT’S EVE|ユースシアタージャパン特設ページ

WHAT’S EVE;

【EVE】

<English>
世界に影響力を持つ言語を
<Vocal>
世界へ響く歌声にのせて
<Election>
世界のオーディエンスに評価を受ける

世界の若者のために整えられた
“選挙形式の自己表現プラットフォーム”

それが【EVE = English Vocal Election】

Youth Theatre Japan(YTJ) 主催・朝日小学生新聞及び朝日中高生新聞後援のもと、6~22 歳の若者たちを対象として2016 年初秋に初回【EVE vol.I】ラウンチ後、全国21 都道府県より5,000 名超のエントリーを数える。
現在、コンクール公式Web サイト【EVE HQ(=Headquarters)】内では、【EVE vol.I】における数々の審査を勝ち抜いた全国の精鋭たち【Candidates】のパフォーマンスが公開されており、これらの中から当該回の代表者【EVE Representative】が選出される。

【EVE Representative】

【EVE】の最大の特徴は、出演者への評価決定に、一般視聴者の投票による意思表示が大きな影響力を持つことにある。<Election=選挙> というサブタイトルが標榜するように、民主主義的な選出形式が採用されていることで、各パフォーマンスの評価が特定の人物の趣向に極端に左右されることなく、その判断はあくまで民意に委ねられている。
したがって、【Representative (= “代表” / “代理人”)】 という称号には <パブリックオピニオン(思想・情感・観念etc)を適切にくみ取り、これを代弁する能力を有する人物> というコノテーションがある。
【EVE Representative】 に選出された人物もしくはグループ代表者は、次回開催時までの一定期間、【EVE HQ】内で大規模なパブリシティキャンペーンを実施する権利が付与される。才能に溢れ人望に恵まれた若者たちにとって、社会的健全性を高いレベルで実現したキャリア形成に直結する”ステータス”として機能することが見込まれている。

【Watch & Vote】投票ページはこちら

Overview & Objective

【EVE】ラウンチの社会的意義や革新性は、その a)企画構造と b)実施理念において以下のように顕著に具現化される。
a)国際的な普及率の最も高い言語である英語を使用した歌唱のパフォーマンスに脚光を浴びせることで、特定のナショナリティや文化的背景にとらわれず、多様な出演者・観客層にリーチアウトしている。
b)次世代を担う若者たちの社会的な発信力をより強固にするべく、中長期的なサステナビリティが期待できるプラットフォームを形成・提供することを、主要な実施理念のひとつとして掲げている。

Process & Prospect

【Candidates】の選出は、エントリーの際に自身のパフォーマンスを収録した音声データを大会事務局へ提出することから始まる。
全国より集約された各演目の音源は、以下に開示するクライテリアに基づき、専門家・有識者による厳正なスクリーニングを経る。
・音程:ピッチの 正確性・ ハーモニー が 高いレベルで 再現・維持 されているか
・声量:ホールでの鑑賞に堪えうる声量を持ち、ダイナミクス・アーティキュレーションが適切に付けられているか
・声質:自身に備わった音色の個性が引き出せているか
・選曲:自身のパーソナリティに合わせた独創的な選曲となっているか
・表現:楽曲の本質・特徴を尊重しながら、自身のアイディアや工夫を取り入れたパフォーマンスが完成されているか
・発音:英語の発音は明瞭か、語彙の正確なニュアンスを伝えられているか
事務局の設定する評価水準を上回ると判断された演目は、次いでスタジオ・ホール環境におけるエリア審査に臨む。
以上を持って各エリアを代表する演目が確定され、これら一同に会する全国審査が開催される。
この全国審査において特に優れていると認められた演目は、【EVE HQ】にて一般公開され、より多くの視聴者のオピニオンが反映されるようWeb選挙の対象になる。
投票期間満了をもって集約された結果に基づき、当該回の【EVE Representative】が選出される。

【Entry】EVE vol.II のエントリーはこちら
【Interview】EVE vol.I 審査員(専門家・有識者)のコメントはこちら
【Watch & Vote】EVE vol.I EVE Representative(代表者)の動画掲載中
TOPへ戻る