EVE 注意事項|ユースシアタージャパン特設ページ

EVE 注意事項|ユースシアタージャパン特設ページ

EVE 注意事項|ユースシアタージャパン特設ページ

1) 自由曲は、すべての歌詞が英語で歌われているものとする。
2) 全ての審査は一次審査で演奏した楽曲を演奏することとし、曲目変更は認めない。
3) 楽曲のアレンジや編成方法についても審査に含まれ、演奏者の独創性に任せることとする。
  アカペラ(無伴奏)での演奏も可。
4) 演技・台詞・身体表現も審査対象に含まれるが、歌唱の表現力を重視したパフォーマンスとすること
  (著しく他の要素が強い場合には減点対象とすることがある)。
5) すべての歌唱は暗譜に限る。
6) 以下のような選曲を行った場合には、失格になる場合がある。
  歌詞に日本語が含まれている
  青少年にふさわしくない表現や単語が歌詞に含まれている
  前奏や間奏が長く、歌のパートが少ない

1) 演奏者は一名とし、デュエットは認めない。
2) 自分の年齢、キャラクター、音域にあった選曲を行うこととする。
3) ホール審査時は、ハンドマイクの使用を可とする

1) 一人一人が自主性をもって演奏に取り組んでいることを重視し、
  ハーモニー感やアンサンブル力が生かされる編成。
2) アレンジが望ましい。斉唱は認めない。
3) ソロパートも含めてよいが、30秒程度とする。
4) ホール審査時は、集音マイクのオン・オフを選択することができる。
  マイクは有線マイクを使用し 4本程度まで使用が可能となる。

TOPへ戻る