Advanced|ユースシアタージャパン特設ページ

Advanced|ユースシアタージャパン特設ページ

Advanced|ユースシアタージャパン特設ページ

ディズニー映画“The Little Mermaid”で発表されて以来、コンサートやオーディション等で独立したナンバーとして演奏される機会の多い一曲である。人魚姫アリエルのまだ知らぬ新しい世界への憧れに、観客のみならず演奏者自身が共感を覚えることが、多くの人々に愛される理由かもしれない。

2006 年公開のミュージカル映画“Dream Girls”からのナンバー。冒頭ではチェストボイスを用いて深い発声で自我の目覚めを表現し、クライマックスに向かって爆発させるように強い決意の気持ちが歌い上げられている。

ホイットニーヒューストンが自身の主演映画で主題歌として歌い、大ヒットした曲であるが、実はカントリー音楽の第一人者と呼ばれるドリーパートンの楽曲のカバーであることはあまり知られていない。メリスマ唱法と長いフレーズを歌いきることのできる呼吸法が求められている。

TOPへ戻る